登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
18 July 2008 

監督、ベルバトフ獲得に自信

ベルバトフ獲得に自信
サー・アレックス・ファーガソン監督がトッテナムのディミタール・ベルバトフにオファーをしたことを認め、獲得に自信を持っていると話した。
「私たちはトッテナムにベルバトフ獲得のオファーを行った。移籍交渉はうまく進むと思っている。彼が加われば、ユナイテッドの攻撃陣はさらに強化されるだろう」
ファーガソン監督は、南アフリカ遠征に出かける前に契約をまとめたかったが、新シーズンの開幕までには話がまとまるだろうと続けた。
「時間が経てば、契約交渉は私たちにとって有利に進むだろう。トッテナムとは建設的な話し合いをしていきたい」
なおベルバトフに対しては、バルセローナも興味を持っていると言われている。
ニール・カスティス記者、サン紙

その他のニュースでは、複数の新聞が伝えたところによると、ファーガソン監督が先週、リスボンでクリスチアーノ・ロナウドと面会し、ユナイテッドへ残留するよう説得したという。

また、オーウェン・ハーグリーヴスが、膝の負傷により、ユナイテッドのアフリカ遠征メンバーから外れたことが報じられた。

Round up by James Tuck