登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
21 July 2008 

ペレがルーニーにアドバイス

ペレ「ルーニーは自分を制御するべきだ」
ブラジルの英雄ペレが、ウェイン・ルーニーはもっと自分を制御する必要があると語った。
ルーニーは19日のカイザー・チーフスとの親善試合で、相手DFと何度も衝突して冷静さを失ったため、後半にサー・アレックス・ファーガソン監督から交代を命じられた。
「ウェイン・ルーニーは私が大好きな選手の1人だ」とペレ。「だが最近の彼は、ユーロ2004のときのようなインパクトのあるプレーを見せていない。相手選手と言い争うのではなく、自分を制御することを覚える必要がある。相手の挑発に乗らなければ、冷静さを保つことができるんだ。現代サッカーでは、レフェリーは基本的にストライカーを守ってくれるんだから、それを利用しない手はない」
ジェニン・セルフ記者、サン紙

同紙は、クリスチアーノ・ロナウドがまだユナイテッド残留を決めたわけではないとして、「僕に何を言わせたいんだ? 残るのか出て行くのかってこと? 未来は分からないよ」という同選手のコメントを報じた。

また、2012年ロンドン五輪大会組織委員会のセバスチャン・コー会長が、サー・アレックス・ファーガソン監督に英国代表チームの監督を務めて欲しいと改めて主張し、「チームをまとめるうえで他に適切な指導者がいるだろうか」と語った。

『デイリー・メール』紙は、トッテナムがディミタール・ベルバトフを放出することはすでに決定していると伝えた。トッテナムは、ベルバトフとロビー・キーンを(それぞれユナイテッドとリヴァプールに)売却して得た資金で、ディエゴ・ミリート、ロマン・パフリュチェンコ、デイヴィッド・ベントリー、ディエゴ・カペルを獲得することをすでに計画しているという。

Round up by Ben Hibbs