登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
29 January 2008 

マインドゲームがスタート

ヴェンゲルがマインドゲームを開始
FAカップ5回戦でユナイテッドと対決することになったアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、サー・アレックス・ファーガソン監督に対して早くもマインドゲームを仕掛けた。
ヴェンゲル監督は、ユナイテッドは先週に行ったサウジアラビア遠征を後悔するだろうとして、「海外へ行くと気が緩むものだ。集中力が下がるに違いない」と発言した。
ユナイテッドはサウジアラビアで親善試合を行い、80万ポンド(約1億7000万円)を稼いだが、27日のFAカップ4回戦のトッテナム戦のパフォーマンスは低調なものだった。ヴェンゲル監督はどんなに大金を積まれても、シーズン途中に遠征を行うことはないとして、「調子を崩すだけだ」とコメントした。
ショーン・カスティス記者、サン紙

ファーガソン監督が、クリスチアーノ・ロナウドに対して、リーグ戦で30ゴールを挙げれば給料は大幅アップするだろうとして、「(30ゴールは)なかなか難しいものだ。だがもしそれができたら、もっと給料を払うよ」と語ったという。

カルロス・テベスウェイン・ルーニーとは最高の人間関係が築けていると話した。ユナイテッドで今シーズン13ゴールを奪っているテベスは「ルーニーは素晴らしい。僕がチームに加入したときから、いろいろと声をかけてくれ、親切にしてくれるんだ」と述べた。

『ミラー』紙は、パトリス・エヴラが週給12万ポンド(約2500万円)の契約を要求し、クラブと衝突していると伝えた。

Round up by Gemma Thompson