登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 January 2008 

レアル、ロナウド獲得を断念

レアル「ロナウドの獲得は難しい」
レアル・マドリーでスポーツディレクターを務めるプレドラグ・ミヤトヴィッチが、クリスチアーノ・ロナウドを獲得するのは不可能だろうと話した。
ロナウドについては、レアルが獲得を狙っていると噂されてきた。しかしポルトガル代表MFは、昨年にユナイテッドと2012年までの5年契約を交わしたばかりである。
「もちろんクリスチアーノ・ロナウドのような選手はほしいが、彼はマンチェスター・ユナイテッドという素晴らしいクラブでプレーしている。彼を獲得するのは難しいと思っている」とミヤトヴィッチはラジオ・マルカに語った。
マンチェスター・イヴニング・ニュース紙

マンチェスター・シティーのファンが、ミュンヘンの悲劇の追悼試合で、黙とうの代わりに拍手を行うことを提案したが、これに対して多くのスポーツライターがそれぞれの意見を各紙で述べた。
『ミラー』紙のオリヴァー・ホルト記者は、多くのシティーファンは黙とうを行うだろうとしながらも、「ごく一部のファンは、追悼試合がユナイテッドにとってどれだけ重要であるかをよく理解しているからこそ、黙とうを邪魔しようとするかもしれない」と述べた。

その他では、フィル・バーズリーがサンダーランドへ完全移籍したことと、レディング戦でのサー・アレックス・ファーガソン監督のジェスチャーが、イングランド・サッカー協会(FA)の処分を免れたことなどが報じられた。

Round up by Nick Coppack