登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
17 December 2008 
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィディッチは優勝を見据える

クラブワールドカップでの試合はヴィディッチにとって夢だった。
ネマニャ・ヴィディッチは少年時代から夢見ていた、クラブワールドカップでの優勝を願っている。彼は1991年に母国セルビアのレッドスター・ベオグラードが世界王者に輝いたところを、10歳の時に見ていた。そして、それ以来、ヴィディッチは世界王者になることを夢見たのだった。明日行われるガンバ大阪との準決勝を前に、ヴィディッチは次のように話した。
「レッドスターがチャンピオンズリーグで優勝したことは、僕の中で偉大な栄光として、記憶に残っている。そして、その後に行われたインターコンチネンタルカップで優勝したことは、さらに素晴らしい記憶として残っているんだ。当時、試合は朝早くに行われたんだけど、僕と兄弟は父親にテレビで試合を見てもいいか、と聞いたんだ。そしたら父は、いいよと言ってくれた。僕らは朝早くに起きて試合を見たんだけど、レッドスターの選手たちのプレーを見て、あの舞台に立って、優勝したいと思ったことだよ。その当時はまさか自分が大好きなチームであるレッドスターと同じ舞台に立てることになるとは、思ってもみなかったけどね。この思いは決して忘れることはないよ」
― ビル・ソーントン記者、デイリー・スター紙

その他では、リオ・ファーディナンドがアーセナルの今シーズンの優勝の可能性はないと言い切った報道が多方面で報じられている。「アーセナルは優勝には程遠い」とファーディナンドがテレグラフ紙に話したと伝えられている。

また、デイリー・スター紙は、ロシア人プレーメーカーのアンドレイ・アルシャヴィンが1月の移籍市場でユナイテッドへの移籍を願っていると報じた。

一方でカルロス・テベスはアルゼンチンの新聞社にユナイテッドへの完全移籍を確信していると話した報道がなされている。「僕は落ち着いている。クラブとも上手くいっているしね」とデイリー・メール紙にテベスが話したことが掲載されている。「交渉もしているし、全てが順調に進んでいる。僕はすぐにこの問題が解決されると思っているよ」

ページ 1 / 2 次へ »