登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
08 December 2008 

ロナウドが更なる飛躍を誓う

輝きを放つロナウドはより多くを望んでいる
ロナウドは、ユナイテッドこそが自分のいるべき場所であり、これからもオールド・トラッフォードでプレーしたいと話している。「夢」だったレアル・マドリーへの移籍が暗礁に乗り上げてから僅か4ヶ月後、彼の手には念願のバロンドールが手渡された。クリスチアーノ・ロナウドは7日、この日を待ちわびていたサー・アレックス・ファーガソン監督と共に、バロンドールを受け取るためにパリに渡った。「僕は5年間ユナイテッドでプレーしているけれど、ユナイテッドこそが自分の居場所だと思っているよ」と話した。「ユナイテッドは組織の力と個々の個性が備わっており、それが賞をもたらしているんだ。だから、僕はユナイテッドにいたいし、幸せなんだ」。ロナウドは2003年にチームに加わってから、プレミアリーグのタイトル獲得とチャンピオンズリーグのタイトル獲得に貢献し、昨シーズンは42ゴールを決めている。しかしながら、ロナウドは貪欲だ。「僕は野心家だ。このまま終わるつもりはないし、僕らはタイトルを獲得し続けなければならないんだ・・・・・・僕はそれで正しいと思っているよ。なんといっても僕は今日、バロンドールを勝ち得たのだからね」
ー グレン・コリー記者、ザ・ガーディアン紙

デイリー・メール紙は5日に、ロナウドサー・アレックス・ファーガソン監督とユナイテッドの最高経営責任者デイヴィッド・ギル氏と会談し、新たに4000万ポンド(約55億7千万円)での契約延長交渉を開始したと報じている。

他には、サー・アレックス・ファーガソン監督がシーズン終了後に行なわれる、スコットランドvsイングランドの国際親善試合を楽しみにしているとザ・タイムズ紙が報じている。

Round up by Gemma Thompson