登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 December 2008 
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッドがシティーを圧倒

明らかなレベルの差
1年ほど前、マンチェスター・シティーは「マンチェスターはシティーのもの」という宣伝キャンペーンを立ち上げた。しかし未だそうはなっていない。マンチェスターを本拠地とする2クラブ間における、新しい時代の始まりの合図になるかとも思われた30日のマンチェスター・ダービーは、シティーとユナイテッドの間にある実力差を際立たせる結果に終わった。イーストランドでのマンチェスター・ユナイテッドは、あらゆる面においてマーク・ヒューズ監督率いるシティーを上回っていた。新しいオーナーが注いだオイルマネーによって、ヒューズ監督の下、シティーは成長を続けているが、イングランドとヨーロッパのチャンピオンであるユナイテッドは成熟しているチームだ。ユナイテッドが、シティーから1点しか奪えかなったことが不思議なくらいだ。
イアン・レディーマン記者 デイリーメール紙

各紙は、クリスチアーノ・ロナウドへの批判で溢れているが、風当たりは和らぐだろう。それはロナウドが、3日のカーリングカップを欠場するからだけではなく、どの新聞も、彼が1日に、サッカー界で最も偉大な個人賞であるバロンドールを手にすることになるだろうとの推測を掲載しているからだ。

ザ・サン紙は、150回目となったマンチェスター・ダービーにおける、ロナウドと、シティーのスターであるロビーニョの貢献度について比較し、ロナウドへの支持で締めくくっている。「ロナウドは最初の20分が過ぎるとおとなしくなった」と、ニール・カーティス記者は述べている。「しかし、それでもロナウドはロビーニョよりも恐ろしい存在だった。ロビーニョは存在感が薄く、本当に出場しているのかと、メンバー表を何度も確認しなければならなかったほどだ」

移籍に関する噂では、デイリー・ミラー紙が、ユナイテッドが、最近セルビアA代表にデビューした、パルチザン・ベオグラードのアダム・ラジッチ獲得を狙っていると報じた。

ページ 1 / 2 次へ »