登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 December 2008 
ページ 1 / 2 次へ » 

チャンピオンズリーグに暗雲

ヴィディッチの退場がチャンピオンズリーグに影響
チャンピオンズリーグの決勝トーナメント進出を決めているマンチェスター・ユナイテッドを、大きな衝撃が襲った。ネマニャ・ヴィディッチが決勝トーナメント初戦のインテル戦に出場できないのだ。日本で行なわれ、1-0で勝利したクラブワールドカップ決勝戦のリガ・デ・キト戦で、ヴィディッチはクラウディオ・ビエレルにひじ打ちをしたとして、一発退場の判定を受けていた。サー・アレックス・ファーガソン監督は、以下のように語っている。「審判の目の前であんなことをしたら、救いようがない。主審がレッドカードを出したのは正しかった。今回の退場による出場停止は、チャンピオンズリーグに適用されるだろう。少なくとも1試合、もし危険な行為だったと判断されれば、2試合の出場停止もあり得るだろう」
ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

チャンピオンズリーグに関連して、ザ・サン紙がジョゼ・モウリーニョ監督のクリスチアーノ・ロナウドに関するコメントを掲載している。インテルとの決戦を前に、心理戦はすでに始まっているのだ。モウリーニョ監督のコメントは以下の通り。
「私が思う素晴らしい選手とは、カカーやイブラヒモヴィッチ、メッシのことだ。ロナウドは良い選手だが、明らかにベストプレーヤーではない」

ユナイテッドのクラブワールドカップ優勝に関しては、ザ・タイムズ紙が、1面にルーニーの写真を掲載し、このトーナメントでウェイン・ルーニーが選手としての地位を確立し、国内での成功の後押しになるだろうと報じている。

日本のスポーツ各紙でもユナイテッドのクラブワールドカップ制覇は大きく取り上げられ、スポーツ報知では「世界一アシスト Cロナウド」という見出しで一面に掲載した。

ページ 1 / 2 次へ »