登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
24 December 2008 
ページ 1 / 2 次へ » 

エヴラの一件は円満な解決へ

エヴラ問題は終焉へ

マンチェスター・ユナイテッドはパトリス・エヴラの一件に関して、FA(イングランド・サッカー協会)と和解した。FAがエヴラの不適切な行為に対する調査内容に関し、ユナイテッドはウェブサイトで反発していた。スタンフォード・ブリッジで4月に行われた、チェルシーとの一戦でグラウンドスタッフと衝突した行為を受けて、エヴラは4試合の出場停止を言い渡された。サー・アレックス・ファーガソン監督は、処分に「唖然とした」と、コメントしている。そしてユナイテッドはFAの公式文書の公開に際し、アシスタントマネージャーのマイク・フェランらの悪い部分を強調したことに不服の意を表した。結局、FAのロード・トリーズマン会長とマンチェスター・ユナイテッドのチーフエグゼクティブのデイヴィッド・ギルがクラブワールドカップの間に東京で話し合い、両者は和解する運びとなった。
― カール・ロング記者、ザ・サン紙

その他の記事として、ユナイテッドの選手たちの2009年の目標についての発言が引用されている。ポール・スコールズは今シーズン、6つのタイトルを取りたいと述べている。
「勝利に対して貪欲なスコールズは6つのタイトル全てを取りに行く」
― デイリー・スター紙

ザ・ミラー紙のオリバー・ホルト記者は、今シーズンの前半戦において素晴らしい采配を見せたアストン・ヴィラのマーティン・オニール監督を称賛する記事を載せている。その記事はマーティン・オニールがサー・アレックス・ファーガソン監督の後任に相応しいと結んでいる。
「オニールは素晴らしい実績を残しており、イングランド代表監督であるファビオ・カペッロの後任として適任だと言われている。それと同じように、サー・アレックス・ファーガソン監督が今シーズンや来シーズンに突然辞めるようなことがあった場合は、ユナイテッドの後任監督としての資格を十分持っていると言えるだろう」
― オリバー・ホルト記者、ザ・ミラー紙

ページ 1 / 2 次へ »