登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 December 2008 

インスを見守ってほしい

インスを次の犠牲者にしない
サー・アレックス・ファーガソン監督はブラックバーンを率いるポール・インス監督にもっと時間を与えるべきだと主張した。
ファーガソン監督が率いるユナイテッドは3日のカーリングカップでブラックバーンに勝利し、インス監督に大きいプレッシャーをかけてしまった。ブラックバーンはここ6試合の内、5試合で敗戦を喫しており、年明けまでに重要なゲームを控えている。ブラックバーンは6日に行われる首位リヴァプール戦から、ウィガン、ストーク、サンダーランドと対戦し、今年最後の12月28日にはマンチェスター・シティーをホームに迎える。これらの試合はちょうど就任半年が経ったインス監督の今後を左右する。
しかしサー・アレックス・ファーガソン監督はインス監督がチームを正しい方向へ導くと信じている。
「ブラックバーンに多くのお金を投資していたジャック・ウォーカーはもういない。そのためクラブは何人かの選手を放出した。だからブラックバーンはポールにもっと時間を与えるべきだ。私は彼がチームを立ち直らせることを確信しているよ」
「ポールがタフなことは彼が選手の時から知っている。彼は常に特別な才能を兼ね備えていた。彼は監督になり、現在チームは問題を抱えている。しかし彼はこの困難を切り抜けると思うよ」
― マーティン・ブラックバーン記者 ザ・サン紙

ロイ・キーン監督がサンダーランドから退団したことが多くの新聞で報じられている。テレグラフ紙は1月の移籍市場再開にあたり、移籍の噂を報じている。インテルはバロンドールを受賞したロナウドの獲得を画策している。またマンチェスター・シティーとレアル・マドリーがカルロス・テベスの動向を追っており、ユナイテッドはウィガンのMFアントニオ・バレンシアの獲得レースにおいて一歩リードしていると報じられている。