登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 December 2008 
ページ 1 / 2 次へ » 

ベルバトフに対する評価は・・・・・・

焦りを覚えるベルバトフ
ユナイテッドのファンによるベルバトフの応援歌は今のところ1つだけだ。ジーザス・クライスト・スーパースター のメロディーで、歌詞は「ディミタール・ベルバトフ、シティーを一目見て叩き潰すと言った」。これが面白いか面白くないかは別として、この歌詞はトッテナムとの12ヶ月に及ぶ交渉が難航した後、3075万ポンド(約60億円)もの移籍金でオールド・トラッフォードにやってきたベルバトフへの歓迎をほとんど表してはいない。ベルバトフ本人は、ダービーのライバルであるシティーからの誘いを断って加入したという認知だけではなく、愛されることを望んでいたはずだ。さらに、一部のユナイテッドサポーターに対して行われた簡単なアンケートでは、記録的な移籍金で契約を結んだベルバトフに対する反応を調査している。目には見えないベルバトフへの具体的な気持ちについてファンに尋ねると、ポジティブな意見はあまり聞かれなかった。「ベルバトフは多くの人と同じように怠け者だ。そんな選手は要らない」。シーズンチケットを持つ50歳の会社役員が、スポーツメール紙に語った。「正直に言うと、彼に対する唯一の応援歌は、トッテナムに帰って欲しい気持ちを指してるんだ」。しかし、ベルバトフに対する評価をするには早すぎる。「彼が上手くチームに馴染めるのをただ待っているんだ」と、49歳のメディア業界で働く男性が強調した。しかし、そんな評価をベルバトフは気にはしないだろう。
― イアン・レディーマン記者、デイリー・メール紙

また、ザ・サン紙は警察がベルバトフのホワイト・ハート・レーン帰還に対するトッテナムサポーターの野次を警戒していると示唆している。ザ・サン紙はさらに、トッテナムにはクラブとしてベルバトフの移籍については何ら思惑がないと報じ、最近就任した新監督、ハリー・レドナップ監督のコメントを引用している。「ベルバトフの移籍を責めたりはしない」と。

さらに、新聞数紙はUEFA(欧州サッカー連盟)がアールボー戦でのウェイン・ルーニーを非難し、数試合の出場停止処分が下されるだろうと報じている。ただ、それぞれ出場停止となる試合数にはばらつきがある。メール紙は2試合、タイムズ紙は3試合、ミラー紙は5試合の出場停止と予測しているが・・・・・・

ページ 1 / 2 次へ »