登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
16 December 2008 

カペッロがユナイテッドに警告

イングランド代表監督であるファビオ・カペッロはクラブワールドカップ参加の為、日本に旅立ったユナイテッドがプレミアリーグのタイトル獲得の希望を失う可能性を警告した。3位につけるユナイテッドは帰国した時リヴァプールから9ポイント離されている可能性がある。

カペッロはミランの監督時代に2度トヨタカップの決勝に進出し敗れているが、2回目にはセリエAのタイトル獲得にも失敗している。

カペッロは言う。「私は日本に行くことがどれほど大変なことか良く理解しているつもりだ。限られた時間の中で時差ボケに対処せねばならない。ビッグ4が揃って引き分けた試合を振り返ってユナイテッドの首脳はきっと頭を悩ませているね」
― ショーン・キャスティス記者、ザ・サン紙

他には、ウェイン・ルーニーとクリスチアーノ・ロナウドがアールボー戦とトッテナム戦でのボールを持っていなかった時のプレーで問題となっていたが、UEFAとFAは処罰を与えなかったというニュースが広く報道されている。

ザ・ミラー紙では、ポール・スコールズがクラブワールドカップが行われる東京で多少プレーすることを明らかにしたと主張している。スコールズは、ユナイテッドがクラブワールドカップのタイトルを獲得したがっているが、1月以降の過密日程は好ましくないと認めたとトッテナム戦の終了後に語った。

Round up by Nick Coppack