登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 December 2008 

移籍報道に監督が憤慨

監督がレアル・マドリーを非難
サー・アレックス・ファーガソン監督は、クリスチアーノ・ロナウド獲得を狙っているレアル・マドリーの最近の企てについて、彼らを“マフィア”として激しく非難した。レアルのディレクター、ペドロ・トラポテは、すでにヨーロッパ最優秀選手に選ばれたロナウドの来夏移籍についてユナイテッドと合意したと語った。しかし監督は以下の通りにこのコメントを激しく非難した。「あんなマフィアと私が契約を結ぶと思うか?ありえない。彼らにはウィルスだって売らないね。ユナイテッドとレアルの間には何の契約も存在しないよ」と、21日のクラブワールドカップ決勝戦に駒を進めた後、監督はロナウド獲得を狙うレアル・マドリーの露骨な戦略を非難した。監督は更に以下の通り付け加えた。「無視するだけだよ。我々には厳しい試合が控えている。自分たちの試合をして、彼らのことは無視するだけだ」。監督はこの問題に関して、首位バルセローナに勝点12も離されている現実から人々の注意をそらすための、あからさまな策略だとしている。
デイヴィッド・マクドネル記者、ザ・ミラー紙

他にもほとんどの新聞が、同様に5-3で勝利した18日のガンバ大阪戦後の記者会見における監督のコメントを掲載している。

他にザ・サン紙は、FAが4月にスタンフォード・ブリッジで行なわれたチェルシー戦での事件を調査した結果下したエヴラの出場停止についての監督のコメントを引用している。「FAの行いに関して失望した。賢い決定ではないと思う」と、監督は語った。

移籍のニュースでは、フランスのル・アーヴルがアンゴラ人ストライカーのマヌーショをレンタルで獲得したがっていると、ザ・ミラー紙が報道した。

Round up by Nick Coppack