登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
14 August 2008 

過去最高の移籍金を要求か

ベルバトフ獲得には記録的な移籍金が必要?
トッテナムのダニエル・レヴィー会長は、同クラブに正式なオファーが届く前に、ユナイテッドがディミタール・ベルバトフの獲得はほぼ完了したと主張したことに怒りを覚えているという。
トッテナムは今後、ユナイテッドがカルロス・テベスを完全移籍で獲得するために支払うのと同等の移籍金(英国における過去最高額となる3200万ポンド(約65億6000万円)と言われている)を要求していく見込み。
スパーズはこれまで、最低でも3000万ポンド(約61億5000万円)が必要と主張していたが、実は2800万ポンド(約57億4000万円)でもベルバトフを手放すつもりだったと見られている。
マーティン・リプトン記者、ミラー紙

『ガーディアン』紙は、「プレミアリーグは、ユナイテッドがトッテナムのFWディミタール・ベルバトフに不正な接触を行った証拠はないとの結論に達した」と伝えた。

同紙はさらに、プレミアリーグの関係者がスパーズに対して、具体的な証拠の提出を求めることになるだろうと続けた。

『デイリー・メール』紙によると、トッテナムはベルバトフを放出する代わりに、ロシア代表FWアンドレイ・アルシャヴィンを1700万ポンド(約35億円)で獲得する予定だという。

ニューカッスルに新しく加入したアルゼンチン代表MFホナース・グティエレスは、プレミアリーグへの登録がまだ完了していないため、ユナイテッドと対戦するリーグ開幕戦に出場できない模様。

Round up by Ben Hibbs