登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 August 2008 

手負いのユナイテッド

主力選手が相次いで離脱
マンチェスター・ユナイテッドでは、9人の選手が17日のリーグ戦の開幕戦を欠場する見込みとなっている。
ウェイン・ルーニーとマイケル・カリックは、ナイジェリア遠征中にウイルスに感染。オーウェン・ハーグリーヴス、クリスチアーノ・ロナウド、パク・チソン、ルイ・サア、ガリー・ネヴィルは故障。ナーニは出場停止処分を受け、アンデルソンは北京オリンピックに参加するため、チームを離脱中という状況だ。
サー・アレックス・ファーガソン監督は「シーズンの開幕へ向けて、戦力が整うか心配だ」とコメントした。
ニール・カスティス記者、サン紙

同紙は、ロナウドは「残留する」と語ったファーガソン監督のコメントも紹介。ユナイテッドの指揮官は「彼はマンチェスター・ユナイテッドの選手だ。新シーズンもここでプレーする。本当さ。全てケリがついたんだ」と語った。

『デイリー・メール』紙によると、ウェストハムはサアの獲得を検討していたが、同選手が新たに膝をけがしたため、あきらめたという。

同紙はさらに、イングランド・サッカー協会のデイヴィッド・トライズマン会長が、ファーガソン監督に対して、もう試合後に審判に文句を言わないよう警告したと伝えた。

また、ユナイテッドのライバルのマンチェスター・シティーのオーナーを務めるタクシン・シナワットが、クラブの売却を考えていると報じられた。

Round up by Ben Hibbs