登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 August 2008 

スパーズ、ベルバトフを放出?

移籍騒動を終わらせたいラモス監督
トッテナムのフアンデ・ラモス監督が、クラブの首脳陣に対して、ディミタール・ベルバトフの残留をあきらめ、獲得を希望しているマンチェスター・ユナイテッドに放出することを要望したという。
ラモス監督には、ベルバトフの問題に早く決着をつけ、31日で終了する移籍市場で新たな選手を獲得したいという意向があると思われ、すでにアヤックスのクラース・ヤン・フンテラールに興味を持っていると言われている。
「移籍市場が終了する前に、この問題を解決しなければならない」とラモス監督。「ベルバトフが出て行くなら、それに代わる選手を見つける時間が必要になるのだ」
スタッフリポーター、デイリー・メール紙

『タイムズ』紙によると、ユナイテッドはベルバトフの獲得に関して2度目のオファー(およそ2500万ポンド(約51億円))を正式に行った模様で、移籍は数日中に実現する見通しだという。

その他のニュースでは、「ユナイテッドの将来のキャプテンはリオ・ファーディナンドが務める。間違いないだろう」と語ったサー・アレックス・ファーガソン監督のコメントが紹介された。
リオは昨シーズン、ガリー・ネヴィルライアン・ギグスが欠場したとき、主将を任された。

北京オリンピックが24日に閉幕したが、ロンドンオリンピック大会組織委員会のセバスチャン・コー委員長は、ファーガソン監督に対して、英国のサッカー代表チームの指揮官就任を正式に要請したという。

Round up by Gemma Thompson