登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

サアは“キング・ルイ”

新聞記事から:ネヴィルがサアの活躍に期待
ガリー・ネヴィルは、ルイ・サアがこのままけがなくプレーできれば“キング・オブ・オールド・トラッフォード”になれるだろうと評価している。
ネヴィルはこう語っている。
「ルイは、ユナイテッドの他の選手とは異なる存在なんだ。相手にとっては手がつけられない選手になり得るね」
サアは現在、15日のエヴァートン戦に向けて、昨シーズン2月27日以来の先発出場に備えているところだ。
3月以来欠場しているネヴィルは、サアのコンディションが100パーセントであれば、主力選手として素晴らしい活躍ができるだろうと主張する。
「サンダーランド戦で彼が見せてくれたあの存在感で分かるだろう。けがさえなければ、ユナイテッドには彼という素晴らしいセンターフォワードがいるってことなんだ」
ビル・ソーントン記者、デイリー・スター紙

またミラー紙は、ユナイテッドは今後もうあまり負けられないというネヴィルのコメントを掲載している。
ネヴィルはこう語っている。「1、2、3試合負けることは許されても、それ以上はダメ。ユナイテッドが8、9、10試合も負けるわけにはいかない。そんなに負けたら、実力を発揮していないということになるね」

一方、テレグラフ紙は、サー・ボビー・チャールトンのコメントとして、彼が持つユナイテッドでの出場記録をライアン・ギグスが更新してくれればうれしいと語ったことを報じた。ギグスは、チャールトンの記録にあと38試合と迫っている。
チャールトンはこう語っている。
「ライアンが新記録保持者になってくれれば最高だね」

デイリー・メール紙は、リヴァプールのアシスタント・マネージャーであるパコ・アジェスタランが、監督のラファエル・ベニーテスとの確執のため、今後はユナイテッドかチェルシーに移ることを考えていると報じている。
アジェスタランは今夏、ベニーテス監督と練習方法をめぐって意見が別れ、その後の話し合いでも和解ができなかったと報じられている。バレンシアでもベニーテスとともにチームスタッフを務めたアジェタランだが、現在は今後の足場固め

ページ 1 / 2 次へ »