登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

18/09/2012  Round up by Gemma Thompson

監督、モウリーニョに同情

新聞記事から:ファーガソン監督、モウリーニョ退任に驚き
サー・アレックス・ファーガソン監督は、チェルシーがジョゼ・モウリーニョに対して途方もないプレッシャーを与えていたと主張する。チェルシーは今週、モウリーニョに対し向こう6年で2回のチャンピオンズリーグ優勝を要求していたことを発表していた。ファーガソン監督は、それについてこう語っている。
「チャンピオンズリーグのカップを2度獲得しろと圧力を掛けるなんて、驚きだよ」
一方、ユナイテッドのナンバー2であるカルロス・ケイロスは、モウリーニョの「姿勢の問題」が監督退任劇の要因となった可能性を示唆している。
ケイロスはこう語った。
「彼のもたらす姿勢が障害となったのかもしれない。クラブの新たな方針にモウリーニョがマッチせず、退任という道を選んだのかも」
モウリーニョは今後スペインでの仕事を求めるのでは、というのがケイロスの意見で、こう付け加えている。
「彼がイングランドに留まることはないだろう。すでにビッグクラブはどこも安定しているからね。リーガ・エスパニョーラの方が彼に合ってるんじゃないかな」
スタッフ・リポーター、サン紙

またサン紙は、ディディエ・ドログバが、ジョゼ・モウリーニョを追ってチェルシーを退団するだろうと報じている。コートジボワール代表FWのドログバは、モウリーニョ退任決定後は“怒りをあらわにして激怒”していたとか。

さらに、23日のオールド・トラッフォードでのユナイテッド戦を前に、新たにチェルシー監督に就任したアヴラム・グラントが、宗教上の理由のために試合前日の練習を休むこととなった。
グラントは、21日夜から翌22日までユダヤ教の「贖罪の日」のしきたりを遵守した後、ロマン・アブラモヴィッチ・オーナーの自家用飛行機でマンチェスターまで移動する予定だ。