登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Gemma Thompson

テベス「勝つべくして勝った」

新聞記事から:ラフなチェルシーは僕たちの敵ではない
ユナイテッドのストライカー、カルロス・テベスは、23日のオールド・トラッフォードでのチェルシーのラフプレーを糾弾。そしてマンチェスター・ユナイテッドは、チェルシーをタイトル争いの一番のライバルだとはもうみなさないと警告した。この試合では、チェルシーのMFジョン・オビ・ミケルにレッドカードが与えられ、ジョー・コールからのタックルもレッドカードが出されるべき内容だった。
チェルシー戦(2-0でユナイテッドの勝利)でユナイテッドの先制点を挙げたテベスは、こう語っている。
「チェルシーは、ラフプレーを最大限まで押し進めていたし、もう1枚レッドカードを出されてもおかしくない内容だった。だが結果として正義が勝ち、ユナイテッドが勝つべくして勝利したんだ。今シーズンの僕たちのプレーはチェルシーよりもずっと勝っているし、僕たちのチーム得点は実力よりもちょっと低めに現れているだけさ。チェルシーは監督が交代したという問題があるかもしれないが、例年のようなリズムを作れていない。他のライバルと比べても、チェルシーが勝っているとは思わないね。チェルシーはすごく緊張していたみたいだし、僕たちがあの試合に負けることなんて不可能だったんだ」
イアン・レディーマン記者、デイリー・メール紙

さらにデイリー・メール紙は、23日の試合でマイク・ディーン主審からレッドカードを取り上げようとしたチェルシーDFジョン・テリーが、FA(イングランド・サッカー協会)からの処分対象になっていると報じている。
また、ライアン・ギグスは、プレミアリーグのライバルチームに対し、ユナイテッドが今後は連勝街道をばく進し、タイトル争いを支配するだろうと宣言している。