登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Gemma Thompson

リオ、負けられないユーロ予選

新聞記事から:監督の鼻を明かしたいリオ
ユーロ2008でイングランド代表が予選敗退となったら、一番最悪なことは? と聞かれ、リオ・ファーディナンドは「あの得意げな笑いだよ」と答えた。
ファーディナンドによると、その笑いの主は、サ−・アレックス・ファーガソン監督なのだとか。イングランド代表が負けてマンチェスター・ユナイテッドに戻るようなことがあれば、その得意げな笑いで選手たちを待ち構えているというのだ。携帯電話の着信音の「スコットランド・ザ・ブレイヴ」を鳴らしながら、2008年の夏に大事なスター選手たちは休みがとれると、ファーガソン監督はほくそ笑むことだろう。
「正直、ユナイテッドの練習場に戻って、監督のあの笑いを見るなんてぞっとするよ」と、ファーディナンドは語っている。
マット・ロートン記者、デイリー・メール紙

ユナイテッドの伝説的選手であるサ−・ボビー・チャールトンは、イングランド代表がメジャー大会で弱いという説に同感だ。
「勝ちに行くという気持ちで臨まないとね。メジャー大会に優勝するんだという願望と、自分たちの力を信じることができれば、優勝は可能だと思うよ」

その他、ドイツの伝説的選手であるフランツ・ベッケンバウアーは、ミヒャエル・バラックがチェルシーでなはくマンチェスター・ユナイテッドに加入すべきだったと指摘している。
「彼のポジションは、マンチェスター・ユナイテッドで空きがあったし、ユナイテッドのシステムにもパーフェクトにマッチする選手だったのにね」