登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Gemma Thompson

監督、ケイロスを後押し

新聞記事から:ケイロス、ファーガソン監督から後継者として太鼓判
4日夜、サー・アレックス・ファーガソン監督は、自身が退任後のマンチェスター・ユナイテッド監督の後継者として、現在アシスタントを務めるカルロス・ケイロスを有力候補に挙げた。だが、ファーガソン監督は、自身の退任時期については明らかにしていない。
ケイロスは、2003-04シーズンにレアル・マドリーの監督を務めたが成功を収めることができず、現在はユナイテッドでファーガソン監督のアシスタントに復帰している。1986年11月以来、ユナイテッドの監督を務める65歳のファーガソンの後を引き継ぐことに、ケイロスは意欲を見せているという。
ファーガソン監督はグラスゴーで、シチズンズ・シアターの観客に挨拶した際にこう語っている。「ありがたいことに、後継者選びには苦労しないだろうね。私には素晴らしいアシスタントがいるし、彼が有力候補になるだろう。ただ、まだ自分の退任時期は決めていないんだ。難しい決断だからね。大事なことは、いいチームを残すということ。現在のチームもかなり高レベルだが、もっといいチームにしていきたいね」
ギャヴィン・マカファーティー記者、ガーディアン紙

一方、ライアン・ギグスは、ユナイテッドでの背番号と同じ11回のリーグタイトル獲得を目指している。『インサイド・ユナイテッド』誌での独占インタビューで、ギグスはこう語っている。
「10回のタイトル獲得はすごいことだが、11回まで行ければ素晴らしいね。欲張るのはよくないけど、11は僕の背番号でもあるし、狙ってみたいと思っているよ」

また、ロナウジーニョが選ぶ世界のベストプレーヤー5人に、プレミアリーグから唯一の選手として、クリスチアーノ・ロナウドが選ばれた。ロナウジーニョは、『フォー・フォー・トゥー』誌にこう語っている。
「クリスチアーノは、今ではチームプレーヤーに成長した。自分勝手なプレーは減ったけど、試合の流れを変えることができる彼のスキルは依然として健在だね」