登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 November 2007 

ヴェローゾの獲得は優先事項?

ユナイテッドが2000万ポンドでヴェローゾを獲得?
マンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めるカルロス・ケイロスが、スポルティング・リスボンのMFミゲウ・ヴェローゾを獲得することは、「優先事項だ」と述べた。
21歳のヴェローゾに対しては、ユナイテッドの他にも、レアル・マドリー、アーセナル、インテルなどが興味を示しているとされている。しかしケイロスは、たとえスポルティングが2000万ポンド(約45億4000万円)の移籍金を要求してきても、ユナイテッドは獲得を検討するべきだと主張した。
スタッフリポーター、デイリー・ミラー紙

新聞各紙は、チャンピオンズリーグのスポルティング戦でFKから劇的な決勝ゴールを決めたクリスチアーノ・ロナウドを絶賛した。『デイリー・メール』紙は「いつものすごいシュート」、『ミラー』紙は「美しいゴール」と書いた。また、『サン』紙は「ワンダーゴール」とほめ称えた。

また、同じく『サン』紙の報道によると、サー・アレックス・ファーガソン監督が親しい友人に、ジョゼ・モウリーニョはイングランドの次の監督になったらいいと語ったという。ファーガソン監督は「もしイングランド・サッカー協会から相談されたら、モウリーニョを薦めるだろう」と話したと伝えられた。

Round up by Ben Hibbs