登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

05/11/2007 

サア、完全復帰へ準備万端

新聞記事から:ファーガソン監督がサアを称賛
サー・アレックス・ファーガソン監督は、アーセナル戦でチームの2点目につながるプレーをしたルイ・サアを、7日のチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦で先発出場させるかもしれない。膝の手術から復帰したサアは、アーセナルとの首位決戦で、クリスチアーノ・ロナウドのゴールをお膳立てしたパトリス・エヴラへ、見事なパスを供給した。
ファーガソン監督は「ルイは途中出場してチームに大きく貢献した」とコメント。
「エヴラに素晴らしいパスを出し、そこからロナウドが2点目を決めた。今シーズン最強のメンバーをベンチに揃えることができ、嬉しく思っている」
ニール・カスティス記者、サン紙

新聞各紙は、プレミアリーグで最も魅力的なサッカーを展開しているのはアーセナルではないというオーウェン・ハーグリーヴスの主張を報道した。

『デイリー・メール』紙は、2-2のドローに終わった首位決戦について、マット・ロートン記者が、「(どちらのチームも優勝争いをするだろうが)心理的には、ユナイテッドの方が少し優位に立った」と論じた。

一方、アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が『デイリー・スター』紙に、「最後の30分は、引きすぎてしまった。その結果、アーセナルらしいサッカーができなかった」と語り、戦術を間違えたことを認めた。

Round up by Ben Hibbs