登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

06/11/2007 

キエフは怖じ気づいていた?

新聞記事から:オーウェンがキエフは「怖れていた」と主張
オーウェン・ハーグリーヴスは、2週間前にアウェーのチャンピオンズリーグの試合でディナモ・キエフに4-2で快勝したとき、相手の選手たちは怖じ気づいていたと語った。
「ディナモは僕たちのことを怖れていたようだった」とハーグリーヴス。
「チャンピオンズリーグの試合で、相手チームが簡単に崩壊し、ホームで4点も失点することは、とても珍しい。アウェーゲームは厳しい戦いになるものだが、ディナモには全く脅威を感じなかった。このような高いレベルの大会ではあまり経験しないことだ」
ユナイテッドは、6日のホームのキエフ戦に勝利し、ローマがスポルティング・リスボンに勝てば、2試合を残して、決勝トーナメント進出を決められる。
スタッフリポーター、タイムズ紙

新聞全紙は、6日にユナイテッドの監督就任21周年を迎えたサー・アレックス・ファーガソン監督に敬意を表した。

『インサイド・ユナイテッド』誌に掲載されたファーガソン監督のインタビュー記事が各紙で報道された。ファーガソン監督は、国際サッカー連盟(FIFA)が1チームあたりの外国人選手の数を規制するルールを導入すると、アーセナルとリヴァプールは困るだろうと述べた。

Round up by Gemma Thompson