登録
ようこそ 
登録情報を変更する

マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

27/07/2015 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞情報:チェルシーのケニヨン氏が動揺

スター選手獲得だけではタイトルは望めない

チェルシーのチーフ・エグゼクティブ、ピーター・ケニヨンは、ユナイテッドの今夏の動きに動揺している。ケニヨン氏は、こう語っている。
「ユナイテッドの金の使い方には驚愕した。我々は自分たちの獲得候補に的を絞ってはいるが、大部分の新加入選手には移籍金が発生していない。大金をはたいたからと言って、タイトル獲得が保証されるわけではない。我々は自分たちのチーム力を信じているし、毎年1億ポンドを使いまくろうとは思わない。昨シーズンは、プレミアリーグのタイトル防衛に失敗し、チャンピオンズリーグも準決勝でPK戦の末に敗れたことが、我々によって今シーズンに臨む上でのモチベーションになっているんだ」
ジョン・エドワーズ記者、デイリー・メール紙

このデイリー・メール紙を含む日刊紙数社が、昨日カーリントンで開かれたユナイテッドの記者会見を大きく報じている。特に、サー・アレックス・ファーガソン監督が、カルロス・テベスの移籍が間近であると明かしたことに、報道は集中している。

ミラー紙は、ファーガソン監督が各選手に対し、今シーズンは全試合に出場する選手はいないと明言したことに注目。ファーガソン監督は、強力なチーム造りを重視していることを強調し、昨シーズンもっと厚い選手層を持っていたならば、チャンピオンリーグ決勝に到達していたであろうとも語っていた。

またデイリー・テレグラフ紙は、ジュゼッペ・ロッシがユナイテッドに残留するであろうと示唆している。ロッシには、彼が昨シーズン、レンタル移籍で活躍したイタリアのパルマが関心を示している。

ページ 1 / 2 次へ »