登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞記事から:シティーもリチャードソン獲得に乗り出す

エリクソン対キーン

サンダーランドのロイ・キーン監督がユナイテッドに対し、キーラン・リチャードソン獲得のため550万ポンド(約13億6000万円)を提示したが、今度はそのリチャードソン獲得争いにマンチェスター・シティーのスヴェン・イェーラン・エリクソン監督が加わった。

イングランド代表監督を務めた後、新たにシティーの監督に就任したばかりのエリクソン監督は、リチャードソンの代理人と接触し、シティー加入へと説得を行った。

エリクソン監督は、シティーの新オーナー、タクシン・チナワットから、移籍金予算として5000万ポンド(約124億円)という巨額の資金を約束されており、昨日も移籍金880万ポンド(約22億円)でレッジーナのストライカー、ローランド・ビアンキの移籍を完了させたばかり。

エヴァートンもリチャードソン獲得に興味を示してはいるが、現時点でのリチャードソン争奪戦は、サンダーランドとシティーの2チームに絞られた模様だ。
デイヴィッド・マクドネル記者、ミラー紙

一方、デイリー・メール紙は、キーン監督率いるサンダーランドがすでに争奪戦に勝利したと伝えている。その契約内容は、移籍金550万ポンド、週給4万5000ポンド(約1100万円)相当だと、この記事は報じている。

ページ 1 / 2 次へ »