登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
17 December 2007 
ページ 1 / 2 次へ » 

リーグ連覇へ自信を見せる監督

監督「誰もユナイテッドを止められない」
ユナイテッドは16日のリヴァプール戦で、43分のカルロス・テベスのゴールにより、敵地で勝利を収めた。この結果、両チームの勝ち点差は9に広がったが、サー・アレックス・ファーガソン監督は次のようにコメントした。
「まだ先は長い。だが、新年を迎える頃に、首位かそれに近い位置につけていれば、私たちがリーグを2連覇する可能性はかなり高くなるだろう」
フィル・トーマス記者、サン紙

多くの新聞は、リヴァプールを無得点に抑えたユナイテッドの守備を称賛した。しかしラファエル・ベニーテス監督は、ユナイテッドが勝ったのは運がよかっただけと主張したという。

その他のニュースでは、クリスチアーノ・ロナウドが「何年も」ユナイテッドでプレーしたいと語ったと伝えられた。ロナウドは、レアル・マドリーやバルセローナへの移籍が噂されているが、「レアルは偉大なクラブだが、僕はユナイテッドでとても満足している。何年もここに残りたいね」とコメントした。

『タイムズ』紙の報道によると、イングランド代表の新指揮官に就任したファビオ・カペッロ監督が、ポール・スコールズジェイミー・カラガーに対して、代表からの引退を撤回するよう説得するつもりだという。

カペッロ監督は「チームには一流プレーヤーが揃っており、選手層は厚い。だが、引退した選手の復帰も望んでいる」と語った。
『デイリー・スター』紙は、ストーク・シティーのトニー・プリス監督が、ライアン・ショークロスのレンタル移籍期間の延長を希望していると報じた。

ページ 1 / 2 次へ »