登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 December 2007 
ページ 1 / 2 次へ » 

スールシャールの引退試合を開催

来夏、スールシャールの引退試合を開催へ
来年8月のプレシーズン中にオーレ・グンナー・スールシャールの引退試合が行われる見込みになった。34歳の元ノルウェー代表FWスールシャールは、現役時代は膝の負傷に何度も悩まされ、今年8月についに引退を決意した。
引退試合のメンバーはほぼ決まっていると見られ、あとはオールド・トラッフォードを無料で貸し切るための手続きを行うだけだという。
ユナイテッドは7月に南アフリカ遠征を行い、3試合を戦う予定になっているが、そのプレシーズンツアー終了後に、引退試合が開催される可能性が高いと見られている。対戦相手についてはこれから交渉していく予定。
スチュアート・マシスン記者、マンチェスター・イヴニング・ニュース紙

その他のニュースでは、ウェイン・ルーニーがイングランドのファビオ・カペッロ新監督について、チームの建て直しに最適の人物であると語ったことが伝えられた。

ユナイテッドのGKコーチのトニー・コトンがチームを離れることを発表。46歳のコトンは膝を痛めており、エドウィン・ファン・デル・サール、トマシュ・クシュチャク、ベン・フォスターとともにトレーニングを行うことが難しくなったという。

パトリス・エヴラサー・アレックス・ファーガソン監督を絶賛し、「監督には感謝している。将来どんなことが起きようと、監督のもとでプレーしたことは忘れないだろう」と語った。

ユナイテッドOBのマーク・ヒューズが、若手選手中心の今のアーセナルは、1992年のユナイテッドに匹敵する活躍をするかもしれないと述べた。

ページ 1 / 2 次へ »