登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Steve Bartram

ルーニー、早期復帰に意欲

新聞記事から:「大丈夫、もうプレーできる」とルーニー
マンチェスター・ユナイテッドは、けがから予定より早く復帰したがっているウェイン・ルーニー(21歳、FW)の熱意に、手綱を緩めざるを得ない状況だろう。
イングランド代表のルーニーは、ユナイテッドの今シーズンのプレミアリーグ開幕戦となったレディング戦で、自身キャリア通算3回目の中足骨(足の甲の部分)骨折を負っており、6週間の欠場見込みと診断されていた。
だが、チームメートに対し、ルーニーは「大丈夫、もうプレーできる」と宣言しており、新たに復帰目標日とされた9月15日のエヴァートン戦よりも前の、可能な限り早い復帰を望んでいる。
サー・アレックス・ファーガソン監督は、ルーニーが早期復帰に意欲を見せていることを先週末に明かしており、こうコメントしていた。
「ルーニーは元気。ジョギングを開始しているし、トッテナム戦にも出場したがかっていたほどだよ! 痛み止めの注射を打っての出場を望んでいたようだ。3週間後の復帰は十分可能だと思うね」
サイモン・キャス記者、デイリー・メール紙

サン紙は、8月28日のチーム集合写真撮影の際に、現役引退を発表したオーレ・グンナー・スールシャールを、チームメートたちが拍手喝采で迎えていたと報じている。