登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Nick Coppack

ロナウド、監督を語る

ロナウド「ファーガソン監督は、僕を震え上がらせ鼓舞するんだ」
クリスチアーノ・ロナウド(22歳)は、今でもサー・アレックス・ファーガソン監督を恐れており、調子がよくない時には叱責されると語っている。
ロナウドは、昨シーズン、ユナイテッドを9度目のプレミアシップ優勝に導き、個人賞を総なめにした。だが、依然としてファーガソン監督はかの有名な、「ヘアドライヤー」療治で、恐怖を感じさせているのだとロナウドは明かしている。
「時々僕も怒鳴られて震え上がることがあるんだ。でもそれが普通なんだよ。彼は僕の両親のような存在だし、僕に限界と目標を教えてくれる。彼はその度合いがかけ離れているだけさ」
「試合中のハーフタイムでも、僕に2、3回怒鳴ったことがあったけど、それは僕のプレーを常に向上させようという意図があるからさ。監督が優しくなったという説があるけど、本当のことを言うと今でも怒鳴ってるんだよ!」
デイヴィッド・マクドネル記者、デイリー・ミラー紙

大半の英国国内タブロイド紙が、1日のインテルとのフレンドリーマッチを取材し、多くの新聞がファーガソン監督がユナイテッドの守備のまずさを指摘したコメントを掲載している。

その他、サン紙は、ガブリエル・エインセの去就が今週にも決定しそうだと伝えている。エインセは同紙にこう語っている。「時として、選手自身は自分の行き先を知る一番最後の人間だったりするんだ。今週末にも僕がどのチームでプレーするのか、知ることになるだろうね」

デイリー・スター紙は、フアン・セバスティアン・ベロンがカルロス・テベスに対し、ユナイテッドでのキャリアについて警告したコメントを掲載している。
「もし物事がうまく運ばなければ、彼は致命的な運勢の落ち込みを味わうだろう。たとえスーパースターであっても、ユナイテッドで成功を収めるのは困難なんだよ」