登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Steve Bartram

ハーグリーヴス、言い訳せず

オーウェン「負けの原因は僕たちにある」
オーウェン・ハーグリーヴスは、ユナイテッドがプレミアリーグ発足以来、最悪のスタートを切ったことについて、ウェイン・ルーニーとクリスチアーノ・ロナウドの欠場は言い訳にはできないと語っている。
「彼らは主力選手だし、不在となればいつだって痛いよ。だけど、それでも僕たちは勝たなければいけなかったんだ。僕たちは依然として(マンチェスター・シティー戦では)素晴らしいチームだったし、自分たちに自信を持っていた。だから3試合でたったの勝ち点2しか得られなかったのは残念。どの試合も、僕たちがほとんどポールを支配して、楽に勝てる内容だったからね。結果はそのうちついてくるけど、試合にはなんとしても勝たないといけない。それが今は最大の目標だよ」
デイヴィッド・マクドネル記者、デイリー・ミラー紙

また出場停止処分のため、次の2試合を欠場するクリスチアーノ・ロナウドは、ポーツマス戦で受けたレッドカードが「馬鹿馬鹿しく、不当だ』と語ったと、様々な新聞で報じられている。

さらにタブロイド数紙が、8月31日の移籍期限までに、ユナイテッドがストライカー獲得に動くのではないかと推測している。候補としてはボルトンのニコラ・アネルカが有力らしいが、サン紙はニューカッスルのFWオバフェミ・マーティンスの名前を挙げている。

そしてサン紙は、トッテナムのマルティン・ヨル監督が、ユナイテッドが獲得に動いているとの報道があるスターFWディミタール・ベルバトフを放出すべきとチームに告げたことで、辞任に追い込まれる可能性があると伝えている。
またミラー紙は、ヨル監督が今週末のオールド・トラッフォード遠征前に解任される可能性を示唆している。