登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Gemma Thompson

シティーのリチャーズ新契約へ

ミカに手を出すな
マンチェスター・シティーは、ミカ・リチャーズを1040万ポンド(約24億円)の契約でチーム最高給選手に仕立てて、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーの触手から守るつもりだ。
リチャーズは、スヴェン・イェーラン・エリクソン新監督の下、プレミアリーグ首位の好スタートに大きく貢献したほうびとして、来週にもチームと週給5万ポンド(約1200万円)で4年契約を結ぶ予定となっている。
だが、ユナイテッドとチェルシーが来夏にリチャーズを獲得するために3000万ポンド(約70億円)契約を用意している状況のため、シティーとしては新契約をオファーしたものの、今シーズン終了後も彼から契約延長を取り付けるのは厳しいことを察知している。
エリクソン監督はこう語っている。
「現状はまずまずだ。だが問題は『マンチェスター・シティーが今後も強くなっていくのか? 欧州でプレーするのはいつか?』ということなんだ。だからある意味、これは彼自身の問題でもあり、我々の問題でもある。ミカの契約はまだ3年残っているが、すでにチームは彼と契約更改の話をしているんだ。彼のような選手を慰留するのには、全力を尽くすつもりだよ」
デイヴィッド・マクドネル記者、デイリー・ミラー紙

一方、今夏にトッテナムに移籍する前にはユナイテッドへの移籍の噂もあった左サイドバックのガレス・ベイルは、26日のオールド・トラッフォードでの試合で、トッテナム移籍後初出場となりそうだ。

また、ユナイテッドからレアル・マドリーに移籍を完了したガブリエル・エインセは、23日に移籍が正式発表となっている。

そして、イングランド代表については、ドイツとの親善試合に敗れたのを受け、スティーヴ・マクラーレン監督がマイケル・カリックを次回の代表から除外するのでは、とサン紙が予想している。