登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Nick Coppack

サア、試合復帰間近

ファーガソン監督、サアに出場指令
マンチェスター・ユナイテッドの得点力不足解消のため、ルイ・サア(29歳、フランス代表FW)が、トッテナム戦で試合復帰する予定だ。サアは、得点を挙げた2月24日のレディング戦(3-2で勝利)以来、先発出場が途切れていた。サアはユナイテッドにて膝の故障に悩まされてきたが、ゴール数は確実に積み上げてきている。
昨シーズン終盤、ユナイテッドはサアを放出する構えだったが、サアの故障によりこの計画はご破算となっていた。そして今、サアは自らのオールド・トラッフォードでのキャリア立て直しのため、8月26日のトッテナム戦に先発予定だ。サアはここ10日間、練習をフルにこなしており、8月19日のシティー戦(0-1で敗戦)でも、もう少しでベンチ入りを果たすところであった。決定力不足に悩むユナイテッドだけに、サー・アレックス・ファーガソン監督は、サハをいきなり出場させる見込みだ。
ニール・カスティス記者、サン紙

その他、タブロイド各紙は、ガブリエル・エインセへのプレミアリーグの裁定について報じている。プレミアリーグは、ユナイテッドがライバルのリヴァプールに対し、エインセを放出する義務はないと、裁いている。ミラー紙は、「ユナイテッドでの僕のキャリアは終わったと考えるべき」とのエインセ本人のコメントを掲載している。
サン紙は、ウェストハムがエインセについてこっそりと問い合わせてきたと伝えている。この移籍話には、ファーガソン監督が乗る可能性もあると同紙は述べている。ファーガソン監督は、ウェストハムのアラン・カービッシュリー監督とは良好な関係を保っている。

さらに、エドウィン・ファン・デル・サールが、21日のオランダ代表での練習中に故障したとの報道あり。ミラー紙は、ファン・デル・サールが着地に失敗し、左足を負傷したと報じている。8月26日のトッテナム戦での、ファン・デル・サールの出場の可否についてはまだ判明していない。