登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

チェルシーに故障者続出

モウリーニョ監督の苦悩

ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーに故障者が続出しており、開幕戦をかなり厳しい布陣で臨まなければならない可能性がでてきた。コミュニティ・シールドを欠場したジョン・テリーは、膝の故障のため4週間の欠場予定。ディディエ・ドログバも同様に膝の故障で、8月12日のプレミアシップ開幕戦である対バーミンガム戦での欠場が予定されている。さらにウェイン・ブリッジ、アンドレイ・シェフチェンコ、ミヒャエル・バラック、パウロ・フェレイラ、サロモン・カルー、クロード・マケレレが、昨日の試合を欠場していた

ダレン・ルイス、デイリー・ミラー紙

ファン・デル・サールの活躍

サー・アレックス・ファーガソン監督は、コミュニティ・シールドでのGKエドウィン・ファン・デル・サールの活躍を誉め讃えた。オランダ代表GKであるファン・デル・サール(36歳)は、PK戦にもつれ込んだ後、チェルシーの最初の3人のPKを全て止めた。ファーガソン監督は試合後に、こう語っている。「ファン・デル・サールは、PK戦にもつれ込むと試合を読んで、備えていた。フランク・ランパードのPKを研究してきたし、そんな経験が我々に勝利をもたらしたんだ」

ページ 1 / 2 次へ »