登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

22/01/2009  Round up by Nick Coppack

監督は引っ越しのため不在

ファーガソン監督、妻から出場停止を言い渡される
サー・アレックス・ファーガソン監督は、妻の命令に従い、8日のプレシーズン最終戦では指揮を執らないことになった。
ユナイテッドは8日夜、ベルファストでのグレントラン戦と、ダンファームライン戦に選手が半々に分かれて戦う予定であり、ファーガソン監督はどちらの試合を見守るべきか悩んでいた。
だが7日夜、ファーガソン監督はいずれの試合にも帯同しないことを明かした。その理由は、妻のキャシーさんが、自宅の引っ越しを手伝うように頼まれたからだという。
ファーガソン監督はこう語っている。「その日は試合があると言ったんだが、彼女は全く取り合ってくれなかったんだ。単なるフレンドリーマッチなんだから、手伝いなさいって言うんだ」
「まあ、どちらの試合に行くのか迷っていたところだったから、ちょうど良かった。グレントランには、私の父が所属していたという縁があるし、ダンファームラインとも深い関係がある。現役時代、グラスゴー・レンジャーズに移籍する前に、私がベストのプレーをしていたのが、ダンファームラインだったからね」
デイリー・ミラー紙

デイリー・ミラー紙はまた、カルロス・テベスのユナイテッド移籍完了がまた遅れたため、8日夜のフレンドリーマッチには欠場するだろうと報じている。ただし、ユナイテッドは9日にはテベスの獲得を発表できる可能性がある、としている。

一方、デイリー・エクスプレス紙は、ポール・スコールズが8日夜のダンファームライン戦に出場する可能性を示唆している。スコールズは、2週間前に膝の内視鏡手術を実施したばかり。さらに同紙は、8月12日のバークレイズ・プレミアリーグ開幕戦で、スコールズのベンチ入りの可能性も伝えている。