登録
ようこそ 
登録情報を変更する
PREMIER LEAGUE





マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

ツアーニュース、特集記事

カゴメ・リジェネレーションチャレンジ

2013年7月23日(火)
日産スタジアム、横浜

横浜F・マリノス 3
マルキーニョス(1分)、ファビオ(49分)、藤田(87分)

ユナイテッド 2
リンガード(19分)、田代(OG)31分

23/07/2013  Report by Takayuki Kanno
ページ 1 / 3 次へ » 

マリノス3-2ユナイテッド

5年ぶりの来日となったユナイテッド見たさに多くのサポーターが日産スタジアムに集結。しかし結果は振るわず、3-2で横浜F・マリノスに敗れた。

デイヴィッド・モイーズ監督はGKダビド・デ・ヘア、DFファビオ、フィル・ジョーンズ、ジョニー・エヴァンス、パトリス・エヴラ、MFトム・クレヴァリー、アンデルソン、右ウィングにシドニーで2ゴールを記録したジェシー・リンガード、左にウィルフレッド・ザハ、前線にアドナン・ジャヌザジュ、ロビン・ファン・ペルシーを起用した。先発出場が期待された香川真司はベンチスタート。後半からの起用が濃厚となった。

キックオフ2時間前のゲリラ豪雨により湿度が一気に上昇し、立っているだけでも汗がじわっと流れる難しいコンディションの中、勢いの差を見せつけたのはホームのマリノスだった。

開始1分、エヴラが不用意に浮かせたパスをマルキーニョスに奪われシュートまで持ち込まれてしまう。一度はデ・ヘアが飛びついて弾いたものの、セカンドボールを蹴りこまれて先制を許す。

思わぬ形で動いた試合だが、ユナイテッドの動きは悪く、中々ファイナルサードにまでパスを繋げられない。
マリノスは右サイドの小林と中村俊輔の崩しから再三に渡り決定機となりそうなパスを通し、ユナイテッドはピンチを招くが、何とか失点を防ぐ。

すると17分、嫌な展開を変えたのは好調を維持するリンガードだった。
右サイドのザハがドリブルからDFを振り切りシュートを放ち、こぼれたボールを詰めていたリンガードが押し込みユナイテッドが同点に追いつく。

中村俊は足首を痛めたのか前半中盤に交代。シンジとの対決は見られず終いとなった。

ページ 1 / 3 次へ »