登録
ようこそ 
登録情報を変更する
PREMIER LEAGUE





マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

ツアーニュース、特集記事

06/08/2013  Report by Gemma Thompson in Stockholm

キャリック「開幕前の調整期間」

マイケル・キャリックは、試合日程が詰まっている今週1週間を通し、間近に迫るスウォンジーとの開幕戦に向けてコンディションを高めていきたいと話す。

ユナイテッドは6日(火)にストックホルムでAIK戦、9日(金)にはオールド・トラッフォードでリオ・ファーディナンドの顕彰試合(セビージャ)、そして11日(日)にはウェンブリーでウィガンとコミュニティシールドをかけて対戦する。

ストックホルムへの遠征には、アジアツアーに参加しなかったネマニャ・ヴィディッチ、ナーニら主力組も参加。調整ペースを上げる為、実戦で出場時間を与えられる予定となっている。
ちょうど国内リーグのシーズン中盤時期を戦うAIKとのプレシーズンマッチについて、キャリックは、スウォンジー戦に向けた良いテストになるとコメント。

「これからは開幕戦について、より真剣に考えないといけない。ツアーのメインパートを終えて帰国したわけで、これからは開幕戦に集中していかないとね」

「全試合に向けて万全の準備をしないといけないけれど、6日の試合は出場時間が足りていない選手にとっては重要になる。それに他の選手にとっても実戦での調整が出来る

ページ 1 / 2 次へ » 


「これからは開幕戦について、より真剣に考えないといけない。ツアーのメインパートを終えて帰国したわけで、これからは開幕戦に集中していかないとね。全試合に向けて万全の準備をしないといけないけれど、6日の試合は出場時間が足りていない選手にとっては重要になる。それに他の選手にとっても実戦での調整が出来るから良いと思う。実戦はコンディション調整、プレーの質向上、それに全体のキレを高めるのに役立つよ」

― マイケル・キャリック