登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

ファーガソン監督25周年

08/11/2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

ガリー・ネヴィルから監督への賛辞

監督就任 25 周年を迎えたアレックス・ファーガソン監督について、ガリー・ネヴィルが語ってくれた。 

ファーガソン監督の功績をどのように要約しますか? 
ユナイテッドでこれほどまで長い期間指揮を執ってきた事は驚くべき事だ。マット・バスビー監督の長い就任期間と成功を超えるなんて事は誰も想像していなかっただろう。ユナイテッドというクラブにとって偉大な監督となった。監督のフットボールのスタイルや若手への教育、そして高いパフォーマンスレベル。全てにおいて素晴らしい監督だ。

監督の一番の功績は何だと思いますか?
長期に渡りそれぞれのチームで成功を収めたことだね。この25年で4、5チームを作り上げてきた。1つのチームを作り上げることでさえ難しいのに、ファーガソン監督は1人で5つの素晴らしいチームを作り成功を収めてきた。

若手の才能を育てることについては?
十分な実力を付ければいつでもチャンスはあるし力になる、とファーガソン監督は僕らに言った。1992年にユナイテッドに入団した時には、僕らの内の6人も7人も、その後何年も同じクラブで素晴らしいキャリアを送るなんて思っていなかった。7年後にはそのチームでチャンピオンズリーグに優勝した。若手の才能を引き出し、素晴らしい選手に育ててきたのも監督の重要な功績だ。

ファーストチームでの初めてのプレーで思い出す事は?
初めてちゃんと試合に出たのは1995‐96シーズンの初日でアストン・ヴィラとの試合で、監督に「さぁ思い切りプレーして来い」と言われてピッチに出た。スタートは良くなかったけど、その後の7日間で3試合に勝つことが出来きた。もう負ける気がし無かったよ。まだ若手だったけど多くのトロフィーを獲得することが出来た。1つ獲得する事で次へ繋がるんだ。初めてのシーズンは2タイトル獲得を達成した。監督は僕達が結果を出すと信じてくれていて、それに応えることが出来た。

ページ 1 / 2 次へ »