登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

31/03/2018  Report by Jamie Allen
ページ 1 / 2 次へ » 

スウォンジー戦を総括

ジョゼ・モウリーニョ監督は、2-0で勝利したスウォンジー戦でロメル・ルカクとアレクシス・サンチェスがゴールを決めた前半のパフォーマンスを、今季ベストと形容した。

インターナショナルブレーク明け初戦で、ユナイテッドは前半45分までに効果的に勝負を決めた。ルカクがアレクシスのパスを蹴り込みプレミアリーグ通算100ゴールを達成し、アレクシスにもゴールが生まれた。試合後の会見、MUTVに監督が語った主なポイントを紹介したい…

前半のパフォーマンス
今季オールド・トラッフォードで見られたパフォーマンスの中ではベストに入る。2-0という結果は非常に不十分。決定機の数もしかり、プレーの質と美しさを考えれば不十分。後半は違った展開だった。前半は相手に与えなかったチャンスを与えてしまった。ボールを与え、トライさせてしまった。チームの6選手は代表戦に出場したので、それで疲れや身体に痛みがあったのかもしれない。相手にプレーさせてしまった。インテンシティも落ち、試合をコントロールできていると思ってしまったのだろう。

ページ 1 / 2 次へ »