登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/12/2017  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

セインツ戦を総括

ジョゼ・モウリーニョ監督は、オールド・トラッフォードで行なわれたサウサンプトン戦後、MUTV、BT Sportとのインタビュー、そして試合後の会見で0-0に終わった試合を振り返った。

監督は、前半ペナルティエリア内で吉田麻也の手にボールが当たった場面について、明らかにPKが与えられるべきだったと主張。また、ズラタン・イブラヒモヴィッチが1ヵ月欠場することを明かした。

PK
クレイグ・ポーソンは素晴らしい審判で、欧州でも将来が楽しみな存在だけに、今日の判定は残念だ。そして、そのシーンが今日の試合のキーポイントの1つだった。その他のポイントは、我々がイージーなゴールを決められなかった場面、ダビド・デ・ヘアがシェーン・ロングのシュートを阻止した場面。しかし、明らかにPKが与えられるべき場面だった。0-0という結果で終わった以上、明らかなPKが与えられなかったのは特に重大なポイントだ。私はタッチラインから見ていた。明らかにPKのように見えたが、たしかに50メートル離れた位置にいたので、近くにいた審判に利点があったのだろう。選手たちの反応は理解できる。フアン・マタがヒステリックに反応していた理由もわかる。ハーフタイムに映像で確認したが、レスター戦でマーカス・ラッシュフォードが絡んだプレーがPKだったように、マンチェスター・シティー戦でアンデル・エレーラが絡んだプレーがPKだったように、PKが与えられるべき場面だ

ページ 1 / 2 次へ »