登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/04/2017  Report by Jake Smalley
ページ 1 / 4 次へ » 

立役者2人が首位撃破を振り返る

マーカス・ラッシュフォードとアンデル・エレーラは、各々がオールド・トラッフォードで行なわれたチェルシーとのプレミアリーグ戦で決めたゴールがマンチェスター・ユナイテッドの勝利に繋がったことを喜んだ。エレーラはチームのプレーについて「ほぼ完璧だった」とも語った。

7分にラッシュフォードがエレーラのスルーパスから先制点を決めると、後半にはエレーラもゴールをマークし、リードを2点に拡大。両選手ともに、先月チェルシーに敗れたエミレーツFAカップ戦のリベンジに成功したことを喜んだ。同試合でエレーラには退場処分が科され、ユナイテッドは一人少ない10人での戦いを強いられた。

エレーラは試合後Sky Sportsとのインタビューに応じ「ほぼ完璧だったと思う。どの試合でも改善点はあるから完璧とは言えないけれど、守備に関してははパーフェクトだったね。リーグ首位のチェルシーがチャンスを全く作れなかったわけだからね」と語った。

「カウンターアタックで彼らを苦しめたけれど、良いフットボールもプレーできたから試合をコントロールできたよ。十分満足できる内容だったと思うね」

ページ 1 / 4 次へ »