登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/03/2016  Report by Sam Ludbrook
ページ 1 / 2 次へ » 

ガリー、レジェンドとの初対面を語る

マンチェスター・ユナイテッドがその功績を称え、現地4月3日にサウススタンドの名称がサー・ボビー・チャールトン・スタンドと改名されることを受け、ガリー・ネヴィルがサー・ボビーとの初対面での思い出、未だ衰えぬサー・ボビーの美しいプレーへの情熱などについて語ってくれた。

ライアン・ギグス、ポール・スコールズらと同じ著名な1992年組のネヴィルは、チャールトンがどれほど若い世代の選手育成を支持し、定期的に若手のプレーを見るのを好むかを知っているという。

ネヴィルはManUtd.comの取材を受けた際、「サー・ボビーとの1番の思い出は、敵地へのヨーロッパ遠征でのこと。面白いかどうか、それにサプライズと見るかどうかはわからない。でも、彼は試合前夜の遅い時間の練習に参加していたんだ」と、語った。

「当時も素晴らしくて、彼のテクニックはファンタスティックだった」。

「サー・ボビーと初めて会ったのは、彼がユースチームの試合を観に来ていた当時で、ドレッシングルームに来てくれて、僕たちと握手してくれたんだ。彼はクラブのユースフットボールの熱心なサポーターだ

ページ 1 / 2 次へ »