登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

01/04/2016  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグス、サー・ボビーの影響力を語る

クラブ歴代最多出場記録を保持するライアン・ギグスは、マンチェスター・ユナイテッドにかかわるすべての人間にとって、サー・ボビー・チャールトンは強い影響を与える人物で、キャリアを通じてサー・ボビーから受けた助言に感謝し続けていると語った。

2008年5月、モスクワでユナイテッドが3度目のヨーロピアンカップ優勝を果たした瞬間、ギグスはサー・ボビーの出場記録を塗り替えた。そのキャリアに誰よりも影響を与えたのがサー・アレックス・ファーガソンだったとしても、現在アシスタントマネージャーとして現場を預かるギグスは、オールド・トラッフォードで成功を収める上で、サー・ボビーから受けた指導が大きかったと振り返っている。

MUTVのインタビューを受けたギグスは、「彼は常に親しみやすく、励ましてくれる人で、若い時分から40歳でファーストチームの選手としてプレーするまで、いつだって変わらなかった。僕のキャリアを通じて、非常に大きなインパクトを与えた存在だね」と、話した。

「サー・ボビーはいつだって若い選手のプレーに感心を持っていた。ユースチームの試合やリザーブチームの試合を観に行っていた。それに海外へのツアーにも帯同している。海外に行くと、世界中の人たちが

ページ 1 / 2 次へ »