登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/06/2016  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 3 次へ » 

ラシュフォードが代表記録を更新

マーカス・ラシュフォードは、6月16日(木)に行なわれたEURO 2016ウェールズ戦に出場し、イングランド代表史上最年少での欧州選手権出場を果たした。

マンチェスター・ユナイテッドのストライカーとして急成長を遂げたラシュフォードは、グループBのウェールズ戦73分に出場。クラブと代表でキャプテンを務めるウェイン・ルーニーよりも4日早い18歳と228日で欧州選手権出場を飾った。ルーニーは、EURO 2004で当時の最年少出場記録を更新した。

試合は、ギャレス・ベイルのゴールでウェールズが先制したが、イングランドは後半から出場したジェイミー・ヴァーディーとダニエル・スタリッジにゴールが生まれ、逆転勝利を収めた。

試合後、キャプテンのルーニーはBBCのインタビューに応じ、自身の記録を更新したラシュフォードの初出場について、こう語っている。

「きっと喜んでいるだろうね。ドーピングテストを受けていた影響で、まだドレッシングルームに入る許可をもらえていないんだ。でも、喜んでいると思うし、僕も嬉しいよ」。

ページ 1 / 3 次へ »