登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/06/2016  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 3 次へ » 

デ・ヘア起用の理由を語る代表監督

スペイン代表監督のビセンテ・デル・ボスケにとって、EURO 2016でイケル・カシージャスを先発から外すのは痛みを伴う決断だった。しかし監督は、現状ダビド・デ・ヘアがベテランGKよりも幾分か優れていると、明言している。

レアル・マドリーに長期間在籍し、現在はポルトのGKとして活躍しているカシージャスは、2002年から代表の正GKとしてプレーし、通算167試合に出場。キャプテンとして出場した2010年のワールドカップ南アフリカ大会優勝に貢献したほか、2008年と2012年の欧州選手権2連覇も果たした。

しかし、近年はデ・ヘアがオールド・トラッフォードで素晴らしいパフォーマンスを披露し続け、代表でもカシージャスを脅かす存在に成長。その結果、デル・ボスケ監督は、EURO 2016予選から2人をローテーションで起用するようになり、どちらを正GKに起用するかという質問を回避し続けてきた。

だが監督は、1-0で勝利したグループDチェコ戦の先発にデ・ヘアを起用し、この議論に終止符を打った。監督は、現地17日(金)のトルコ戦に向けたスペインのテレビ局とのインタビューで、GKの選択が難しかったことを告白している。

ページ 1 / 3 次へ »