登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

13/01/2016  Report by Steve Bartram, Mark Froggatt
ページ 1 / 3 次へ » 

デ・ヘアが進化を遂げられる理由

近い将来、ダビド・デ・ヘアはエドウィン・ファン・デル・サール、あるいはピーター・シュマイケルらと同格のGKとみなされるだろう――

こう語るのは、彼をマンチェスター・ユナイテッドに導いた人物だ。

2011年夏、サー・アレックス・ファーガソン元監督の下でGKコーチを務めたエリック・スティールこそ、当時アトレティコ・マドリーに所属したデ・ヘアのスカウトを担当し、彼をオールド・トラッフォードに連れて来るべきと、サー・アレックスに強く進言した人物である。当時ユナイテッドのGK事情は厄介そのもので、まだ青年だったデ・ヘアには、引退したばかりのファン・デル・サールの後継者となるタスクが科せられた。

イングランドのフットボールに順応するまで一定の時間を必要としたが、ユナイテッドでの4年半を通して才能を伸ばし続け、世界を代表するGKの1人にまで成長した。25歳となり、3-3のドローに終わったニューカッスル戦でユナイテッド200試合出場を達成した今でも、かつての師は、教え子が更なる進化を遂げられると、最新号のUnited Reviewに掲載されたインタビューで話している。

ページ 1 / 3 次へ »