登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/02/2016  Report by James Tuck
ページ 1 / 3 次へ » 

ミッティランのセットプレーを警戒

ルイ・ファン・ハール監督は、ヨーロッパリーグ・ベスト32ラウンドで対戦するミッティランの実力を決して侮っていない。

MCHアリーナで第1戦を戦うマンチェスター・ユナイテッドは、ウェイン・ルーニー、マルアン・フェライニ、キャメロン・ボースウィック・ジャクソンら13選手が負傷、体調不良で離脱している。今回のデンマーク遠征にはウィル・キーン、ドナルド・ラブら若手も多く含まれている中、監督は若手を起用する可能性を試合前日の会見で示唆。また、ミッティランのセットプレーに警戒が必要とも語った。

「非常に優れたミッティランが相手だが、我々は勝たなければいけない。彼らのフォーメーションは我々にとっては厄介なものだ。サンダーランド戦でも証明されたことだが、ミッティランも4-1-4-1でプレーしている」。

「そして彼らはセットプレーのスペシャリストだ。記録しているゴールの48%はセットプレーから生まれている。対抗できるチームを編成するが、簡単ではない。上手くやれればと思う。相手にコーナーキックやフリーキックを多く与えるわけにはいかない」。

ページ 1 / 3 次へ »