登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

28/02/2016  Report by Mark Froggatt

監督、ライン上での抗議を説明

ルイ・ファン・ハール監督は、3-2で勝利したオールド・トラッフォードでのアーセナル戦後、タッチライン上で演劇のように倒れ込み抗議したことを謝罪した。

監督は、アーセナルの選手が簡単にグラウンドに倒れ込んでいるとアピールするため、76分にベンチから飛び出し第4審判に抗議。テクニカルエリア内で倒れ込んで見せると、ユナイテッドサポーターから“Louis van Gaal’s red and white army”と、称えられた。

試合後MUTVのインタビューに応じた監督は、この行為について審判に謝罪したことを明かしている。

「少しばかり感情的になっていたのだろう。主審、線審、第4審判にとって快く思えないことだっただろうね。彼らには謝罪したし、彼らも受け入れてくれた」。

【関連記事】
監督がアーセナル戦を総括