登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/04/2016  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督がトッテナム戦を総括

マンチェスター・ユナイテッドは、後半の6分間に3失点を喫しアウェイでトッテナムに3-0で敗れた。試合後、ルイ・ファン・ハール監督はMUTV、Sky Sportsのインタビューに応じ、試合内容を振り返っている。

スコアレスで前半を折り返したとき、今日のような結果になると予測できた?
いや、先制点を決められるまでは(思わなかった)。我々は少なくとも彼らと対等なチームで、(アントニー)マルシャルが作った決定機の方が良い形だった。大きなチャンスで、広いスペースがあり、彼にとって大きな機会だった。だが、我々は意思疎通の失敗から失点を喫し、それからは見ての通りだ。たった5分間で試合を決められた。

最初の失点後、ユナイテッドのDFは頭の整理がつかなかった?
気持ちの整理がつかなかったのだろう。それが現れていた。2点目はセットプレーから喫したもので、我々の中でヘディングが最も強い選手(クリス・スモーリング)、もしくは最も強い選手の1人である彼が空中戦で負けた。(トビー)アルデルヴァイレルトの素晴らしいゴールだったが、起こってはならないことが起きた。彼にも、そう伝えた。

ページ 1 / 2 次へ »