登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

27/10/2015  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「ドローに値する内容だった」

ルイ・ファン・ハール監督が、CSKAモスクワとのチャンピオンズリーグ・グループステージ戦後、BT Sportのインタビューに答えた。

試合について:
「(マルシャルが前半PKを献上した点について)アントニーの愚かな反応だった。だが、その前にオフサイドがあったと思う。ベンチから見た印象ではオフサイドだったが、わからない。彼がPKを与えたのは初めてだった。1回限りにしてもらいたいがね(笑)! 試合をコントロールしていたのは我々だったので、不運ではあった。前半は速いパススピードでポゼッションをキープできなかったが、後半は改善させられ、素晴らしいゴールを奪えた。勝てたかもしれないが、フットボールの世界では、“かもしれない”はカウントされない」。

ハーフタイム中の指示について:
「選手たちには、どうすれば勝つ可能性が増えるかについて助言した。怒りの感情を見せることよりも、勝利がより重要だ。マルシャルの反応は愚かだったが、我々は人間だ。そういうことも起こる。怒っていたというよりも、失望したという表現の方が適切かもしれない。ボールポゼッションでパススピードがあまりにも遅かったのでね。ポゼッションで圧倒している場合は、チャンスを作らないといけない。だが、

ページ 1 / 2 次へ »